女性で爪を長くしたいと思っている人

女性で爪を長くしたいと思っている人は沢山います。
今ではネイルアートと言うものがブームになっており、ネイルサロンに通っている女性も多いです。
月々のお小遣いをネイルアートにかける女性も多いようですよ。

しかしネイルアートをしている中でも、特にロングにしている女性も多いようです。
そんな場合、ネイルアートは強力なものですから、少しの衝撃には耐えることが出来ますが、大きな衝撃が加わるとヒビが入ることがあります。

それにネイルアートをしていない人でも、冬の水仕事や爪が元々もろい人などは、自爪にヒビが入ることがあります。
そんな時に、いつも使っているであろうネイルのトップコートで補修は可能なのでしょうか?
ヒビはそのままにしておくと、どんどん悪化し、短くするしかなくなりますから、応急処置としてトップコートを使いましょう。

この方法は、爪の先端が割れており、出血などがない、そして痛みのない場合にのみ行う方法です。
爪のヒビの入っている個所に、トップコートや爪専用の接着剤を使って、爪の割れ、折れを防ぐと言う対処法です。

2枚重ねになったティッシュを1枚ずつに分けます。
1枚の状態のティッシュを、爪と同じサイズにあらかじめカットしておきましょう。
そしてヒビの入っている個所にトップコートを塗り、その上にカットしたティッシュを乗せます。
時間を置いて、ティッシュに軽く触れても動かない状態になれば、その上から更にトップコートを二度塗りします。
この際、ティッシュが白くて目立つのがイヤ、と思う女性も多いかと思いますが、トップコートを塗るとティッシュは透明になります。
それほど目立ちません。

触るとザラつきはあるものの、応急処置としての役目はしっかり果たしてくれるでしょう。

またヒビ割れが大きな場合はコットンの中綿を利用して、ヒビ内部へ挟み込み、接着剤を浸み込ませ、その上からトップコートを塗ると良いでしょう。
やはり表面は凸凹してしまうので、気になる人は軽くやすりをかけ、再びトップコートで仕上げると美しく仕上がります。

http://nail-malnutrition.com/

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ